洗顔方法を工夫すれば敏感肌に悩まなくてよくなる

女性

洗顔とクレンジング

固形石鹸

正しい洗顔の基礎知識

洗顔は毎日することだけに、ちょっと間違うと肌に負担になり、シミ、しわ、たるみ、毛穴の開きなどになります。特に敏感肌の人は、肌に負担がかかる洗顔法は避けるべきです。敏感肌に限らず、どんな人でも知っておいたほうがいいのが、正しい洗顔の仕方です。洗顔料には、固形石鹸、洗顔フォーム、クレンジングなどがあります。お化粧をした日は、まずはクレンジングでしっかりメイクを落とします。クレンジングにはオイルやジェル、クリームなどの種類があります。他にはミルクやシートタイプなどもあります。敏感肌の人は、濃いアイメイクだけオイルで落とし、それ以外の部分はクリームやミルクタイプで落とすのがお勧めです。最近はW洗顔不要のクレンジング剤もあります。しかし、それだけだと汚れやぬるぬるが気になる場合は、クレンジング後に固形石鹸を泡立てて洗うのがお勧めです。洗顔フォームの場合、強力に油分を分解します。そのため、敏感肌に負担がかかりすぎる傾向があります。「クレンジング剤+洗顔フォーム」だとあまりに刺激が強すぎるので、ダブル洗顔では低刺激な固形石鹸お勧めです。目元の皮膚はとても薄くしわになりやすいので、力を加えず、優しく洗うことが大切です。鼻の黒ずみは強く擦ったり引っかいたりすると悪化します。黒ずみはピーリング作用がある固形石鹸で洗うと効果的です。朝の洗顔はメイクしていないので、もちろんクレンジング剤は不要です。特に汚れが気にならないようなら、ホットタオルで顔を少し拭くだけでもOKです。