洗顔方法を工夫すれば敏感肌に悩まなくてよくなる

女の人
  1. ホーム
  2. 敏感な肌に合う洗い方とは

敏感な肌に合う洗い方とは

女性

健康な肌を取り戻すために

敏感肌は生まれつきの体質と考える方が多いかもしれませんが、実は、生活習慣やスキンケアに起因する場合も多いのです。ですから、逆にいえば、それらの原因を排除することで、健康な肌を取り戻すこともできる可能性もあります。洗顔に関していえば、洗う時の過度の摩擦や洗顔料の刺激は、敏感肌を悪化させてしまいます。正常な肌が持つバリア機能は、外部の刺激から肌を防御する役目をしています。敏感肌はバリア機能が低下している状態なので、洗顔による過度な刺激は避けなくてはいけません。そこで、敏感肌の人には、注意すべき洗顔のポイントがあります。まずば、洗顔料の選び方ですが、洗浄成分の強すぎないもの、刺激になる成分の少ないものを選ぶと良いでしょう。特に注意するべき成分は「石油系合成界面活性剤」です。これは、洗濯用洗剤や台所用洗剤にも使われる洗浄力の強い成分です。それだけに油分を吸収する力は強力で、肌での負担も大きいです。洗顔料を選ぶ際には、有名なメーカーだからとか、コスパが良いから、ということにとらわれず、あくまでも成分にこだわる姿勢が大切ですね。洗顔の方法については、ゴシゴシと強くこする、汚れた手のままで洗顔する、などは良くないです。きちんと手を洗ってから、たっぷりの泡を作って、直接、手が顔に当たらないよう、泡洗顔をすることが望ましいです。また、ピーリングや毛穴パックは刺激が強すぎるのでおすすめできません。スグラブの洗顔料も敏感肌には負担になるので、避けた方が良いですね。