洗顔方法を工夫すれば敏感肌に悩まなくてよくなる

女の人
  1. ホーム
  2. 肌への負担を避ける

肌への負担を避ける

女の人

十分に泡立てる

洗顔は顔の汚れを取り除き、綺麗な状態にするために欠かせない行動の1つです。脂性肌の場合、自身でもわかるくらいに皮脂が発生しますが、敏感肌や乾燥肌など場合、顔に汗をかいている自覚が少ないため、皮脂はほとんど発生していないと考えてしまうことがあります。しかし、脂性肌に比べて少ないだけで、実際には発生しているので洗顔を疎かにしないことが大切です。しかし、敏感肌にもかかわらず、脂性肌と同じような洗顔の方法を選んでしまうと、肌トラブルの原因になることが考えられます。皮脂を落とす効果の強い洗顔料を敏感肌が使用してしまうと皮脂を落としすぎてしまい、乾燥が強くなってしまう場合があります。肌が乾燥するとツッパリやカサツキが発生するだけではなく、しわが深くなる原因になってしまいます。潤いのある肌はしわになりにくいので、敏感肌は潤い成分が含まれている洗顔料を選ぶ意識を持つべきです。また、敏感肌は脂性肌や普通肌に比べると肌が反応しやすいです。そのため、肌に合わない洗顔料は赤みや痒みといった状態を招くことになります。さらに、敏感肌は洗顔の方法にも注意が必要です。肌が強くないので洗顔料を使用する時、小さい摩擦でも肌荒れに繋がってしまいます。ですから、敏感肌の場合は摩擦を減らすために洗顔料をしっかりと泡立てる方法が効果的です。十分に泡立っている洗顔料を使用すれば洗う時に発生する摩擦を最小限に抑えられるため、肌へのダメージは軽減します。