洗顔方法を工夫すれば敏感肌に悩まなくてよくなる

女の人
  1. ホーム
  2. センシティブ肌に成分選び

センシティブ肌に成分選び

ウーマン

ゆっくり優しく洗うには

敏感肌の洗顔では、肌の刺激を避けるとツッパリ感やヒリヒリ感を起こさないと言われています。洗顔料に含まれる洗浄成分を理解できれば、敏感肌でも安心して洗顔できるようになるでしょう。洗浄成分の主なものは、アルコール系、石油系界面活性剤、アミノ酸系などに分かれています。アルコール系は名前の通りアルコール成分を使用しているので、敏感肌にはあまり向かないと考えて良いでしょう。そして石油系界面活性剤というのはシャンプーやボディーソープにも使用されますが、泡立ちがよく洗浄力も高いことで知られています。オイリー肌に悩む場合は、すっきり洗うことができますが、敏感肌には適さないことが多いと指摘されます。シャンプーでも注目されるアミノ酸系の洗浄成分は、人の肌にも存在するアミノ酸で洗うため、肌がデリケートな方にも適しています。洗浄力は弱いのがデメリットにあげられていますが、洗顔方法のコツがわかれば問題ありません。肌タイプに関わらず、指でごしごしこする洗顔方法は避けた方がいいと言われるようになりました。敏感肌の洗顔は、さらに注意しながら洗顔をしたほうが安心でしょう。アミノ酸系を始めとした天然由来の洗浄成分の中には、肌の汚れを洗い流すとともに、肌にかけている成分を補える利点があります。敏感な肌は、清潔な状態に保つことも大切ですが、外的刺激に強い肌に育てるためには、優しい洗顔ができるアイテムを選ぶ必要があります。敏感肌の人が実際に使用してみた感想の中でも肌コンディションの回復の声があります。